2009年01月30日

栄枯盛衰。諸行無常。

栄枯盛衰。

えいこせいすい1 【栄枯盛衰】

人・家・国家などの勢いにも盛んな時と衰える時のあること。

−YAHOO辞書より−


諸行無常。

しょぎょう‐むじょう〔シヨギヤウムジヤウ〕【諸行無常】

仏教の根本主張である三法印の一。世の中の一切のものは常に変化し生滅して、永久不変なものはないということ。

−YAHOO辞書より−

さらにwikiでは
諸行無常(しょぎょうむじょう、sabbe-saMkhaaraa-aniccaa, सब्बे संखारा अफिच्चा)とは、仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。この場合、諸行とは一切のつくられたもの、有為法をいう。三法印、四法印のひとつ。
とある。


最近捕まった小室さんを表すために
上の二つの単語を使って表現する人が多い。




なるほどー。





ひげ 脱毛 東京プロミスプロミスプロミスプロミスプロミス
posted by まこまこ at 14:09| Comment(0) | グルメ・ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。